ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2020.01.18 Saturday

りんご03

2019122900130000.jpg
前月、患者さんからいただいたりんごです。ありがとうNさん!

新品種で、静(しずか)というそうです。生産者の方の名前だそうですよ。美味しかったです。また来年も食べたいですね。生産者を探さないと(笑)

新しい品種を作り出す、というのは凄いですね。歴史に名が残りますからね。
2020.01.14 Tuesday

ブロッコリー

2020011404340000.jpg
レンジで加熱したブロッコリーです。塩コショウを軽くかけて食べます。マヨネーズぶっかけて食べたいけど我慢。

鶏肉とブロッコリー、これが当面の主食になります。身体の作り直し、再開です。筋肉を鍛えて体脂肪を落とす。

ツラいと思ってしまううちは、まだまだ甘い。自分に甘い私ですから、厳しく厳しく。頑張ります。
2020.01.14 Tuesday

鶏肉

2020011404300000.jpg
鶏のムネ肉を茹でて脂を抜いたものです。またダイエット生活の再開です。食事の悦びは捨てた…

つまり、リバウンドしたということ…

詳しくは後日…
2020.01.07 Tuesday

七草粥

2020010708130000.jpg

1月7日は七草粥の日です。Nさんにいただいた七草でさっそく作りましたよ〜。大根や蕪の葉のみで作った粥より複雑な味がして美味しいです。

 

お粥は、米の量のわりに炭水化物食った感があって、ダイエット中にはありがたいです。12月のマラソン以来、気が抜けてリバウンドしているので、今年も引き続きダイエット頑張ります。

2020.01.06 Monday

七草の季節

2020010707540000.jpg

患者さんから七草をいただきました!ありがとうNさん!2パックあるのは、自分でも買っていたからです。今年は2倍食える!やった!こういう季節ものって、タイミングを逃すと一瞬で無くなって買えないことが多いのでありがたいです。

 

季節の移り変わりや節目を近所のスーパーに並んでいる野菜で知ることが多いです。便利です。ありがたいことです。

2020.01.05 Sunday

チューリップ増殖作戦1年目

2020010522200000.jpg

延び延びになっていた、チューリップの球根の植え付けが終わりました。7割方は終わっていたのですが、まだ植えていない球根がありました。あまりにも遅すぎるのでダメかもしれません。まあ、植えないで球根をダメにするよりは、植えてダメでしたの方が幾分マシかと思って植えました。頑張れ球根たち!

 

さて、写真の球根ですが、植えるにしてはずいぶん小さい球根です。これは、11月4日と5日のブログで書いた球根です。(忘れてしまった人は過去ログを読んでね!)

 

過去ログを読むのが面倒という人に簡単に説明します。これは私が一昨年の冬にプランターに植えて、去年の春に咲いたチューリップの、根元に出来ていた小さな球根を、夏の終わりに収穫したものです。大きい球根はあまりなく、小さい球根がたくさんありました。捨ててしまうのももったいないな、と思ったので、今年も植えることにしました。

 

チューリップは分球といって、元の球根が分裂するように育って殖えます。小さな球根は植えても、初年度は葉っぱしか育たず、次の年のために栄養を蓄えて球根が肥大するそうです。つまりは、来年でなく、再来年を目指して、球根を肥大させるために、小さい球根を再び植えることにしました。数年かけた実験です。

 

きちんと、球根の殺菌剤を買ってきて、球根を殺菌してから植えました。病気の予防です。ちなみに、ホームセンターなどで買ってきたプロが育てた球根はすでに殺菌してあるのでそのまま植えても大丈夫です。ちゃんと育ってくれるといいなあ〜。

2020.01.04 Saturday

作りました02

2020010521360000.jpg

新しく作った薪小屋(仮)に、古い薪小屋から薪を移している途中です。写真に写っている薪は、竹です。裏山の竹林を手入れしたときに伐採した竹を細かく切ったものです。杉や松より火が付きやすいけど、持ちが悪いので焚き付けに使います。

 

今回作り直そうとしている古い薪小屋は、30年程前に、私が祖父と作った薪小屋です。祖父が亡くなって25年、風雨に晒され続けてさすがに壊れてきたので新しく作り直すことにしました。思い出はありますが、誰も管理をしなければ朽ち果てていくだけです。誰もやらなそうなので、勝手にやることにしました。一応、元の管理してた人の孫なんで、権利はあるでしょ、道理的にというか、人道的にというか。法的には無いかもしれんけど(笑)

2020.01.03 Friday

作りました01

2020010508540000.jpg
田舎に帰省してダラダラしてたら、親父から「薪を置く薪小屋を作れ」と指令を受けました。物置に放置されてた2×4材などを使って適当に組み立てました。所要時間30分くらいかな?屋根は古いトタンを再利用。電動ドライバーと木ネジで組み立てたから、接着剤は未使用。電動ドライバーがあれば、すぐにバラバラにできます。

適当に組み立てた割に、意外と良い感じのものができました。でもこれはあくまで仮の薪小屋です。今ある、古い薪小屋を作り直すたため、中身を一時的に避難させるための仮の薪小屋なのです。

2020.01.02 Thursday

初日の出

2020010122130000.jpg
新年が明けました。数年振りの故郷での年越しで、静かな年越しになりました。地元の友人たちはそれぞれに家庭があったり用事があったり仕事があったりして会えず。大晦日、テレビで格闘技を見終わり、寺に行って除夜の鐘をついてから家に戻ってきて(徒歩2分)、本を読みながら寝落ちしました。気が付いたら元日の朝10時。

 

室内でずっと本を読んでいるのも飽きたので、村の中を散歩した後、庭の手入れをすることにしました。枯れた雑草を集める+生えている雑草を抜く+細かい雑草をバーナーで焼きまくる+伸びた樹木を切る、を何時間かやりました。気が付いたら日が落ちていて、元日はほぼ終わってました。充実してるんだかしてないんだか、よく解らない元日になりました。でも、のんびりはできました。

余談、というか蛇足ですが。私の故郷は山の奥なので、初日の出は朝8時くらい、山の上からです。空はもう明るくなってからです。写真を撮っても初日の出っぽくない。だから今回の写真は、3年前の茅ヶ崎の初日の出の写真を使いました。

2020.01.01 Wednesday

除夜の鐘

2020010100590000.jpg
除夜の鐘をつく甥っ子です。ガラケー画質ではこれが限界です(笑)

 

田舎の寺では、大晦日の除夜の鐘を自由につかせてもらえます。何回もつかせてもらえます。たぶん、ついた数を誰も数えてません(笑)。外灯もほとんどない暗い静かな山間の村に、鐘の音が響きます。良いものです。ここには除夜の鐘がうるさいなどと言う無粋な愚か者はいません。今年は5回、つきました。煩悩はなかなか手強いですけども。

 

空を見上げれば満天の星空。静かで良い年越しができました。今年もよろしくお願いします。

Powered by
30days Album