ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2019.12.27 Friday

帰省

2019123011390000.jpg

年末、毎年恒例の餅つきをするために静岡の田舎に帰省しました。昼過ぎに茅ヶ崎を出て、東名高速でのんびり帰りました。今年最後の金曜日ですから、きっと渋滞だと覚悟していたら、意外と流れが途切れることなく順調に帰ることが出来ました。今年流行りの煽り運転してくる車もありませんでした。ただ、一回だけ、御殿場の東名と新東名の分かれるところで、初心者マークつけた車が、下手糞な進路変更をしてきて、ぶつかりそうでひやりとしました。お盆の時期や年末年始は、普段運転していない人が長距離を走ることが多くて、意外なところに危険があります。油断禁物ですね。

 

サービスエリアでも、信じられないくらい車庫入れが下手な人がいたりします。「何回切り返してんだ?」みたいな人。優しく見守ることにしてますが、結局、ものすごい斜めに駐車していてズコー!みたいになることが多いです。あれって空間認識能力の差なのか、センスなのか、できない人は本当にできない。運転経験の差だけでは測れないなにかがあると思いますね。

 

高速運転中、雪化粧した富士山が見えました。茅ヶ崎からも見えるのですが、見た目が違うんですよ。富士山は見る方向が違えば見た目もかなり変わります。やはり私は静岡から見た富士山が好きです。宝永山が右に見える富士山が、これぞ富士と思います。

 

今年は、30代最後の年末です。運転しながら、いろいろ考えました。これまでのことを少し、これからのことをたくさん。理想と現実。やりたいこと、やらなければならないこと、諦めなければならないこと。ギリギリの生活が続いていますが、折れないようになんとか、なんとかやってきました。来年はついに不惑、人生の分岐点です。少しはまともな人生に軌道修正できたらと思います。来年の今頃、笑顔でいられるように頑張ります。

2019.12.17 Tuesday

イルミネーション

2019122421100000.jpg
辻堂のテラスモールが素敵にライトアップされていました。とても綺麗で写真を撮ってしまいましたが、ガラケーの画質ではこんなもんです(笑)

今の時代は、電球でなくLEDですから近づいても熱くないし、虫も寄ってきません。電気代もあまりかからないはず。技術革新は良い時代を作りますね〜、とガラケーでぽちぽち打ってるなう。

2019.10.19 Saturday

田舎の風景、2019 夏02

2019101413050000.jpg

山、川、畑、森。まごうことなき「ザ・田舎」です。しかし、決して卑下しているわけではありません。私はこういう田舎の風景が大好きなのです。ただ、ここまでくると「となりのトトロ」というより「もののけ姫」っぽくなってきます。

 

河原の石も大きく、角が立っています。水は透き通っていて、夏でも冷たいです。自然に囲まれてはいますが飲み込まれることなく、人の住む世界が構築されています。街中の喧騒とは真逆の、静かでゆったりとした時間が流れています。「何もない」ではないんですね。よくある「『何もない』がある」といったものでもありません。集落全体が、不思議な雰囲気に包まれているんですね。大袈裟でなく。

2019.10.18 Friday

田舎の風景、2019 夏01

2019101413000000.jpg

このブログに出てくる、私の田舎の集落からさらに山奥の集落の入口です。こういう集落の入口や橋の袂に地蔵などを配置するのは田舎でよくある風景です。ウチとソト、あっちとこっち、やや大袈裟に言うと生と死の境界に何かしらのモノを置く。ここから先は世界が変わりますよ、という警告でもあり、戒めでもあります。

 

ジブリ映画の「となりのトトロ」でも現実世界と非現実世界の境目に必ず描いてあります。迷子になったメイは地蔵の足元で佇んでいます。あれは生と死の境目です。サツキが現実世界からトトロに助けを求めるとき、地蔵の前を走り抜け、川を飛び越えます。あの瞬間、サツキは現実世界と非現実世界を跨いだのです。

 

こういう境界に置かれたものは、神聖であり、畏怖の対象でもあります。こういうものがあまり仰々しくならずにそこかしこにある田舎が私は大好きなんですね。日本は無宗教という人がいますが、それは大きな間違いで、日本は宗教というものが生活に溶け込みすぎていて認識できていないだけなんですね。認識できていないが故に無知であり、無知であるが故に継承が疎かになっている。日本中でこういった古くて味のある風景が朽ち果てて消えていくのは悲しいことです。

2019.10.09 Wednesday

夏の終わりの前

2019100308360000.jpg
そう言えば3ヶ月くらいブログをサボってましたから、夏を丸々書いてないんですね。ネタの多い時期なのに。

前の日記「夏の終わり」に登場する枯れたヒマワリ、8月中旬にはこんな感じで咲いていました。大輪のヒマワリは見ていてワクワクしますね〜。また来年のお楽しみです。小さい花がたくさん咲くヒマワリもいいですが、大輪の方がヒマワリ!って感じがします。

2019.10.08 Tuesday

夏の終わり

2019100212370000.jpg
夏に大輪の花を咲かせていたヒマワリです。下を向いて枯れています。花のあとに、種がたくさんできていますが、たぶん鳥やリスやネズミやイノシシなどに食べられてしまってます。自然の摂理です。

夏は生命に溢れた感じですが、秋はもの悲し気です。

物ごとに秋ぞ悲しきもみぢつつ
うつろひ行くをかぎりと思へば(古今和歌集)

2019.10.05 Saturday

稲穂

2019100211570000.jpg
暑い日が続きますが、確実に季節は移り変わっています。田舎の田んぼでは稲穂が黄金に輝いています。収穫を待つばかり、といったところです。

米作りは農業の中でも特別なイメージがあります。農家になる気はありませんが、いつかチャレンジしてみたいことのひとつです。DASH村みたいな、アレです。

2019.06.08 Saturday

どん底

2019061520500000.jpg
スナックどん底、の跡地。どん底感が凄い。
2019.06.05 Wednesday

エリカ

2019061520260000.jpg
近所のぶちゃいく老猫、エリカ。今日もいた〜
2019.05.05 Sunday

2019050612550000.jpg
写真が解りにくいかもしれませんが、雹(ひょう)です。晴れていたのに急に黒い雲が出てきた〜と思ってたら突然の豪雨&雹!

びっくり!

パラパラ、パラパラとたくさん降ってきました。ゲリラ豪雨というやつでしょうか?私は雷や突然の豪雨でテンション上がるタイプなので怖くはないのですが、外にいる人は大変だったでしょうね〜。私は部屋の中にいたのでのんきに楽しんでました。
Powered by
30days Album