ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.10.19 Saturday

田舎の風景、2019 夏02

2019101413050000.jpg

山、川、畑、森。まごうことなき「ザ・田舎」です。しかし、決して卑下しているわけではありません。私はこういう田舎の風景が大好きなのです。ただ、ここまでくると「となりのトトロ」というより「もののけ姫」っぽくなってきます。

 

河原の石も大きく、角が立っています。水は透き通っていて、夏でも冷たいです。自然に囲まれてはいますが飲み込まれることなく、人の住む世界が構築されています。街中の喧騒とは真逆の、静かでゆったりとした時間が流れています。「何もない」ではないんですね。よくある「『何もない』がある」といったものでもありません。集落全体が、不思議な雰囲気に包まれているんですね。大袈裟でなく。

2019.10.18 Friday

田舎の風景、2019 夏01

2019101413000000.jpg

このブログに出てくる、私の田舎の集落からさらに山奥の集落の入口です。こういう集落の入口や橋の袂に地蔵などを配置するのは田舎でよくある風景です。ウチとソト、あっちとこっち、やや大袈裟に言うと生と死の境界に何かしらのモノを置く。ここから先は世界が変わりますよ、という警告でもあり、戒めでもあります。

 

ジブリ映画の「となりのトトロ」でも現実世界と非現実世界の境目に必ず描いてあります。迷子になったメイは地蔵の足元で佇んでいます。あれは生と死の境目です。サツキが現実世界からトトロに助けを求めるとき、地蔵の前を走り抜け、川を飛び越えます。あの瞬間、サツキは現実世界と非現実世界を跨いだのです。

 

こういう境界に置かれたものは、神聖であり、畏怖の対象でもあります。こういうものがあまり仰々しくならずにそこかしこにある田舎が私は大好きなんですね。日本は無宗教という人がいますが、それは大きな間違いで、日本は宗教というものが生活に溶け込みすぎていて認識できていないだけなんですね。認識できていないが故に無知であり、無知であるが故に継承が疎かになっている。日本中でこういった古くて味のある風景が朽ち果てて消えていくのは悲しいことです。

2019.10.09 Wednesday

夏の終わりの前

2019100308360000.jpg
そう言えば3ヶ月くらいブログをサボってましたから、夏を丸々書いてないんですね。ネタの多い時期なのに。

前の日記「夏の終わり」に登場する枯れたヒマワリ、8月中旬にはこんな感じで咲いていました。大輪のヒマワリは見ていてワクワクしますね〜。また来年のお楽しみです。小さい花がたくさん咲くヒマワリもいいですが、大輪の方がヒマワリ!って感じがします。

2019.10.08 Tuesday

夏の終わり

2019100212370000.jpg
夏に大輪の花を咲かせていたヒマワリです。下を向いて枯れています。花のあとに、種がたくさんできていますが、たぶん鳥やリスやネズミやイノシシなどに食べられてしまってます。自然の摂理です。

夏は生命に溢れた感じですが、秋はもの悲し気です。

物ごとに秋ぞ悲しきもみぢつつ
うつろひ行くをかぎりと思へば(古今和歌集)

2019.10.05 Saturday

稲穂

2019100211570000.jpg
暑い日が続きますが、確実に季節は移り変わっています。田舎の田んぼでは稲穂が黄金に輝いています。収穫を待つばかり、といったところです。

米作りは農業の中でも特別なイメージがあります。農家になる気はありませんが、いつかチャレンジしてみたいことのひとつです。DASH村みたいな、アレです。

2019.06.08 Saturday

どん底

2019061520500000.jpg
スナックどん底、の跡地。どん底感が凄い。
2019.06.05 Wednesday

エリカ

2019061520260000.jpg
近所のぶちゃいく老猫、エリカ。今日もいた〜
2019.05.05 Sunday

2019050612550000.jpg
写真が解りにくいかもしれませんが、雹(ひょう)です。晴れていたのに急に黒い雲が出てきた〜と思ってたら突然の豪雨&雹!

びっくり!

パラパラ、パラパラとたくさん降ってきました。ゲリラ豪雨というやつでしょうか?私は雷や突然の豪雨でテンション上がるタイプなので怖くはないのですが、外にいる人は大変だったでしょうね〜。私は部屋の中にいたのでのんきに楽しんでました。
2019.02.03 Sunday

ねこ〜

2019021301520000.jpg
接骨院の近所にいる猫です。いつも同じところにいます。結構な年寄り猫です。美猫でもないし、鳴き声も「があああぁぁあああ」みたいな感じで可愛くない。愛想もない。寄ってもこないし、近づくと逃げる。

でも、いつも気になってしまう不思議な猫です。たまに話しかけてます。長生きしてね、寒くない?とか。怪しいおっさんであることは否めません。

道行く人の多くが、この猫に声をかけたり、写真撮ったりしています。地域に愛されている猫です。皆の優しさで長生きしてほしいものです。
2019.01.26 Saturday

富士山

2019012722570000.jpg

快晴に恵まれた日の夕暮れ、朱く染まった空の中、富士山が見えました。

 

静岡県清水市育ちの私は、富士山といえば大きいもの、夕日に当たり朱く染まるものと思い育ちましたが、ここ神奈川では違いました。遠くに見えるもので、夕日の中、黒く染まるのです。

 

大学入学とともに静岡を出て、早や19年。もうすぐ、静岡以外で暮らした期間の方が長くなります。他県から見える富士山に価値を感じなかったはずなのに、近頃はここ神奈川から見た富士山に素直に感動するようになりました。ああ、もう私は静岡の人間ではなくなってるんだな、と悲しくもあり寂しくもあり。

Powered by
30days Album