ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 稲穂 | main | あつぎマラソンの… >>
2019.10.06 Sunday

「スタバマグ&書評」の再開

2019100600200000.jpg

20代の頃、スタバに足繁く通っていた時期があります。マグカップを持参し、文庫本と一緒に写真を撮って、ブログに感想を書いていました。近頃、またスタバにお世話になることが増えたので、あの頃と同じ「スタバマグ&書評」を再開することにしました。学生時代はろくに勉強もせず暇だったので(笑)、毎日のように更新していました。でも今はそこそこ忙しいので、週一くらいで更新していけたらと思ってます。

 

と、いうことで、再開1回目は、スタバの基本マグ(と勝手に呼んでいる)です。大きなロゴが入っていて、シンプルだけど素敵なマグです。これは2008年に買ったマグです。当時、店内で使われていたマグとほぼ同じです。2011年にスタバのロゴが変更されて、今はこのロゴが使われていませんから、かえって貴重なマグになってしまいました。余談ですが個人的には昔のロゴの方が好きだったりします。注文したのは、トールのソイラテを熱めで。はちみつを2周入れて、シナモンをひとふりするのがちょっとした拘り。

 

さて、「スタバマグ&書評」の再開1回目の本は何にしようか、本棚の前で数分間悩みました。何でもいいから適当にというのはつまらない、内容が重すぎてもつまらない、これを見た人が紹介した本に興味を持ってくれて読んでくれたら嬉しいから、なるべく面白いものを。さらには、大学時代から私を知っている人がこれを見たら、ちょっとニヤリとしそうな本。で、これを選んだわけです。

 

■マックス・ヴェーバー(著)脇圭平(翻訳)『職業としての政治』(岩波文庫、1980年)

 

政治学の基礎文献。古典的名著。この本は、著者のヴェーバーが1919年にミュンヘンで学生のためにおこなった公開講演をまとめたものです。久しぶりに手に取って気づいたんですが、ちょうど100年前なんですね。時代や社会背景が変わっても、内容が色褪せない、普遍性に満ちた、これこそ名著です。政治について考える、発言する人はこの本が必読。偉そうに政治について語っている人がいたら、こう聞いてみましょう。

「『デンノッホ!』」って知ってる?と。知らなかったら、その人の発言は聞く価値がありません。デンノッホが何か知りたければ読んでください。岩波文庫売っている本屋なら必ずあります。薄いので値段も安いですし、読むのに時間がかかりません。でも内容は厚いです。後ろから読まないように(笑)。


大学生の頃に読んだ本をもう一度読み返してみようということで、選んだこの本。あの頃よりもじっくり読めました。内容の素晴らしさがより一層解りました。偉そうに書いてるくせに、全く書評になってないけど、まあいいかと妥協できるのは、おっさんになったということかな……デンノッホ!

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album