ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 湘南国際マラソン、その後04 | main | 湘南国際マラソン、その後06 >>
2019.12.06 Friday

湘南国際マラソン、その後05

2019120423480000.jpg

まだまだ続くマラソンネタです。写真、また以前のと似てますが、ちょっとだけ進んでます(笑)マラソンが終わってから数日経ちまして、さすがにもうランナーズハイは治まってしまったので、冷静に文章を書いていこうと思います。

 

今回の初マラソンで怖かったのは、いわゆる「30キロの壁」です。練習でも30キロ以上は走ったことが無かったので、それはもう未知の世界です。ネットで調べると、身体のエネルギーが尽きて苦しいとか、脚が動かなくなるとか、トップランナーでも挫けることがあるとか、それはそれは恐ろしいことが書いてあります。でも、「やるしかない」と思ったときに、今まで行ったことのない、見たことのない「30キロの壁の向こう側の景色」を見てみたいと思ったのです。40手前のおっさんが、体力が尽きて足が動かなくなる、というのもなかなか体験できないぞ、と。

 

ツイッターなどのSNSで、湘南国際マラソン経験者のコメントを見て研究(笑)していました。30キロ越えたあたりから西湘バイパスに入り、観客がほぼいなくなる、景色は良いが、応援がなくなって孤独になる、バイパスのアップダウンがきつくなる……などなど。畜生、人の恐怖を煽りやがって(自分で調べています)

 

調べて知ったことは、「30キロの壁」というのは基本的にエネルギーの枯渇である、ということです。そのために途中でこまめに水・スポーツドリンクや塩を摂取していけばいいということが解りました。元々練習不足による体力の無さは、もうどうしようもないので考えないことにしました。未知のモノでも、調べて知ることによって、少しは恐怖感が軽くなります。

 

今回の初マラソンで、ひとつ企みがありました。もし30キロの壁を越えられた場合に飲むスペシャルドリンクを作って持っていったのです。小さなペットボトルに、お高いユンケルを注ぎ、自家製高濃度ガムシロップで割り、その中にカフェイン(200mg)の錠剤を入れて溶かしたものです。見た目、毒薬です(笑)こんなの自分でも飲んだことはありません。ガムシロップ飲むってあんた。でも糖分摂取ならこれがいいんじゃないかと思いまして。右ポケットにずっと入れてました。

 

で、飲みましたよ。30キロ越えたところで。一気飲みしたら普通に飲めました。ゴールまでの最後の13キロをエネルギー切れせず走れたのはこのスペシャルドリンクのおかげでもあります。次回参加することがあったら、こんなのに頼らなくても走り切れるように努力します。たぶん。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album