ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 玉葱畑 | main | 鶏肉 >>
2017.06.04 Sunday

書評のようなもの、001

2016081114060000.jpg
ネタバレを含みますから、嫌な人は読まないで下さい。

ある日、宝くじに当たった主人公が…

う〜ん…

読んでてツラい。「こうなるだろうな」というムカつく予想がほぼそのまま展開され、一番やめて欲しい終わり方で終わった。内容の薄さにびっくり、1時間弱で読み終わりました。


「お金はなくなっちゃったけど、俺は前向きに生きて行くんだ!」「お金より大切なものが解りました、良かった良かった」みたいな、一番つまらない終わり方…。ジャンプの打ち切り漫画かよ〜

まず、宝くじに当たったことを母親に喋って、母親が親戚に喋って広まるってのが「ベタ」過ぎて、げんなり。

金に困っている親戚のおじさんが現れ…うわ〜、こいつ絶対トラブル起こすだろ…(起こしました)

突っ込み始めると終わらないから止めときます。ベタなストーリー、文章は癖がなく読みやすい。暇潰しには良かったです。

……書評というか、ただの感想ですね。なにか評価の基準みたいなのを作って書いていきたいですね。たまたま読んだ本よりおすすめの本を紹介するとか。時間かかるなこりゃ。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album