ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.10.09 Wednesday

夏の終わりの前

2019100308360000.jpg
そう言えば3ヶ月くらいブログをサボってましたから、夏を丸々書いてないんですね。ネタの多い時期なのに。

前の日記「夏の終わり」に登場する枯れたヒマワリ、8月中旬にはこんな感じで咲いていました。大輪のヒマワリは見ていてワクワクしますね〜。また来年のお楽しみです。小さい花がたくさん咲くヒマワリもいいですが、大輪の方がヒマワリ!って感じがします。

2019.10.08 Tuesday

夏の終わり

2019100212370000.jpg
夏に大輪の花を咲かせていたヒマワリです。下を向いて枯れています。花のあとに、種がたくさんできていますが、たぶん鳥やリスやネズミやイノシシなどに食べられてしまってます。自然の摂理です。

夏は生命に溢れた感じですが、秋はもの悲し気です。

物ごとに秋ぞ悲しきもみぢつつ
うつろひ行くをかぎりと思へば(古今和歌集)

2019.10.07 Monday

あつぎマラソンの…

2019100701010000.jpg
自宅に、2019あつぎマラソンの参加はがきが届いてました。あと2週間です。不安が募りますが、頑張ります。

2019.10.06 Sunday

「スタバマグ&書評」の再開

2019100600200000.jpg

20代の頃、スタバに足繁く通っていた時期があります。マグカップを持参し、文庫本と一緒に写真を撮って、ブログに感想を書いていました。近頃、またスタバにお世話になることが増えたので、あの頃と同じ「スタバマグ&書評」を再開することにしました。学生時代はろくに勉強もせず暇だったので(笑)、毎日のように更新していました。でも今はそこそこ忙しいので、週一くらいで更新していけたらと思ってます。

 

と、いうことで、再開1回目は、スタバの基本マグ(と勝手に呼んでいる)です。大きなロゴが入っていて、シンプルだけど素敵なマグです。これは2008年に買ったマグです。当時、店内で使われていたマグとほぼ同じです。2011年にスタバのロゴが変更されて、今はこのロゴが使われていませんから、かえって貴重なマグになってしまいました。余談ですが個人的には昔のロゴの方が好きだったりします。注文したのは、トールのソイラテを熱めで。はちみつを2周入れて、シナモンをひとふりするのがちょっとした拘り。

 

さて、「スタバマグ&書評」の再開1回目の本は何にしようか、本棚の前で数分間悩みました。何でもいいから適当にというのはつまらない、内容が重すぎてもつまらない、これを見た人が紹介した本に興味を持ってくれて読んでくれたら嬉しいから、なるべく面白いものを。さらには、大学時代から私を知っている人がこれを見たら、ちょっとニヤリとしそうな本。で、これを選んだわけです。

 

■マックス・ヴェーバー(著)脇圭平(翻訳)『職業としての政治』(岩波文庫、1980年)

 

政治学の基礎文献。古典的名著。この本は、著者のヴェーバーが1919年にミュンヘンで学生のためにおこなった公開講演をまとめたものです。久しぶりに手に取って気づいたんですが、ちょうど100年前なんですね。時代や社会背景が変わっても、内容が色褪せない、普遍性に満ちた、これこそ名著です。政治について考える、発言する人はこの本が必読。偉そうに政治について語っている人がいたら、こう聞いてみましょう。

「『デンノッホ!』」って知ってる?と。知らなかったら、その人の発言は聞く価値がありません。デンノッホが何か知りたければ読んでください。岩波文庫売っている本屋なら必ずあります。薄いので値段も安いですし、読むのに時間がかかりません。でも内容は厚いです。後ろから読まないように(笑)。


大学生の頃に読んだ本をもう一度読み返してみようということで、選んだこの本。あの頃よりもじっくり読めました。内容の素晴らしさがより一層解りました。偉そうに書いてるくせに、全く書評になってないけど、まあいいかと妥協できるのは、おっさんになったということかな……デンノッホ!

2019.10.05 Saturday

稲穂

2019100211570000.jpg
暑い日が続きますが、確実に季節は移り変わっています。田舎の田んぼでは稲穂が黄金に輝いています。収穫を待つばかり、といったところです。

米作りは農業の中でも特別なイメージがあります。農家になる気はありませんが、いつかチャレンジしてみたいことのひとつです。DASH村みたいな、アレです。

2019.10.04 Friday

台風の被害

2019092712300000.jpg
ところで、今さらですが、今年は台風の被害がすごかったですね。千葉県の被害が連日報道されてましたが、皆様の平穏な日々が早く戻ってくることを祈ってます。

我が家の被害はというと、いくつか植木鉢が吹き飛んだり倒れてしまったことくらいです。枝が折れたり葉が無くなったりと悲しいことはありましたが、大きい被害はありませんでした。種から育てている金柑の枝が折れたのは悲しいです。負けじと育って欲しいです。

2019.10.03 Thursday

チューリップ02

2019100209590000.jpg
大きめのプランターに、やや密集させてチューリップを植えました。植えました、と言っても見た目は土しか見えません。

去年同様、お世話になってるお店の前に置かせてもらおうと計画中です。去年より良い球根を植えたよ!

この手間が、来春の喜びに繋がるのである!たぶんね!

2019.10.02 Wednesday

チューリップ01

2019100201260000.jpg
今年もチューリップ植えました。ちゃんと育てば、咲くのは来年の春。

問題は、植えるのが早すぎたということ。チューリップはだいたい、秋の終わりくらい、涼しくなってから植えます。忙しくてなかなか時間も取れないし、さすがにもう涼しくなるかなって考えて植えたら、予想に反して凄く暑い日が続いてしまいました。夏みたいな暑さ!球根がダメにならないか心配です。

頑張って球根!ちゃんと咲いてね!あまり言いたくはないけど、いいお値段したんだから君たちは!

2019.10.01 Tuesday

咲いたよ〜

2019100109460000.jpg
咲きました!数が揃ってきたから意外と壮観です。花の数を数えたら29本ありました。植えた初年度、花が1本しか咲かなかったところから、よくぞここまで…頑張ったね彼岸花よ〜

これからも頑張って増えてくれたまえよ〜

2019.09.29 Sunday

白い彼岸花

2019092318560000.jpg
8年前に、小さな球根を2個いただいて、植木鉢に適当に植えたら増えました。2個が19個に増えたので、植木鉢も大きくして2鉢に分けたのが一昨年(うろ憶え)。今年も花が咲きそうです。

彼岸花は花が枯れたあと葉っぱだけが生えてきて、数ヶ月してその葉っぱが枯れて、また彼岸の時期まで地上部分になにも無くなってしまうので、毎年「枯れてしまったかな?」と不安になります。不安が高まってきた頃にこうしてまた花がわさわさ生えてきます。その繰り返しです。

あと数年して、もう少し球根が増えたら田舎の庭に移植しようと企んでいます。田舎には基本的に赤い彼岸花しかないので…。

Powered by
30days Album