ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.05.09 Wednesday

茶摘み12

2018050903510000.jpg
川の向こうの茶畑に向かいます。吊り橋を歩いて渡ります。関係者以外通行禁止ですけど、関係者なので堂々と渡ります。

誰も見てませんけどね。たまに、ごくたまに観光客が来るんですよ、最近。
2018.05.09 Wednesday

茶摘み11

2018050903430000.jpg
茶摘みには関係ないのですけど、家の敷地内を流れる沢は裏山からの湧水が流れているので、普通に沢蟹が歩き回ってます。写真うまく撮れてませんけど、オレンジ色のやつが沢蟹です。

茶畑に向かう途中で見かけました。
2018.05.09 Wednesday

茶摘み10

2018050903400000.jpg
甥っ子その2もお祖母ちゃん(私からみたら母)に教わりながら茶摘みの手伝いを始めました!(すぐに飽きて2分で逃走)
2018.05.09 Wednesday

茶摘み09

2018050903370000.jpg
姪っこその1も茶摘みの手伝いを始めました!(すぐに飽きて5分で逃走)
2018.05.09 Wednesday

茶摘み08

2018050903340000.jpg
甥っ子その1も茶摘みの手伝いを始めました!(すぐに飽きて10分で逃走)
2018.05.09 Wednesday

茶摘み07

2018050903310000.jpg
背中の竹籠にいっぱいの茶葉!意外と重いんですよ。
2018.05.06 Sunday

茶摘み06

2018050517480000.jpg
茶摘みのときは直径25センチくらいの魚籠(びく)を腰に着けて摘みますが、摘んだ茶葉を運ぶときはこういった背負うタイプの竹籠を使います。現在60代の母が物心ついたときにはもうあったそうなので、かれこれ60年以上は使ってると思います。正確には判りません。

幼児の頃のかすかな記憶ですが、家から離れたところに茶畑があると、この竹籠に入れられて、父親が背負って運ばれました。帰りは歩き(笑)
2018.05.05 Saturday

茶摘み05

2018050512140000.jpg
手で葉っぱを一枚一枚摘みます。地味に疲れます。
2018.05.04 Friday

茶摘み04

2018050408130000.jpg
これは「在来」と呼ばれている茶です。やぶきたより葉が小さく、成長も遅いです。昔から村で栽培されてた品種です。やぶきたにおされて、栽培量(?)がどんどん減っています。

お茶としての香りや良い意味での苦味はこちらの方が優れていると思います。甘味は負けるけど。

やぶきたに在来が混ざっているのが、うちの茶の味の特徴だと思います。
2018.05.04 Friday

茶摘み03

2018050408080000.jpg
うちの茶畑は2種類の茶があります。こちら、やぶきた茶。日本で生産される茶のほぼ9割くらいがこれです。甘味が強く、葉っぱも大きい。
Powered by
30days Album