ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.05.12 Tuesday

チューリップ12、シンフォニー

2020051000260000.jpg

一重咲き、「シンフォニー」です。フラワーバルブオブザイヤー2019年選出品種、チューリップセレクト2016に選ばれています。淡いピンクと白、シンプルな色合いの素敵なチューリップです。原色系の派手なチューリップは、それはそれで魅力的ですが、こういう淡い色合いも良いものです。

 

去年、八重咲チューリップを気に入りまして、今年は八重咲ばかりを植えたのですが、こういう一重咲きも良いですね。シンプルな中に美しさがあります。このチューリップは、ある風の強い日に花弁が全て散ってしまうという悲しいお別れになりました。今年はこの一鉢しか植えなかったので、来年はもっとたくさん植えられたらいいな、と思っています。

2020.05.11 Monday

チューリップ11、アヴェイロン

2020050803080000.jpg

手前の、赤い八重咲チューリップが「アヴェイロン」です。これまた少々お高い球根でした(笑)。見事に咲いてくれましたが、写真をあまり残してなくて、これしかありませんでした。八重咲のチューリップは、つぼみも大きくて、咲く前からワクワクしますね。接骨院の階段下に置かせていただきましたが、患者さんや知り合いの方、近隣の店のお客さんにも好評だったみたいで、育てたかいがありました。

 

ちなみに奥のオレンジ色のは「オルカ」です。

2020.05.10 Sunday

チューリップ10、ドリームタッチ

2020050803010000.jpg
紫の八重咲チューリップ、「ドリームタッチ」です。近所の方に「きれいですね、なんていう花ですか?」と聞かれました。確かに、ぱっと見、チューリップっぽくないですね。花弁が豪華すぎて、チューリップとは思えないです。エンジの艶やかな色合いで素敵です。球根購入時、写真で見たときは濃い紫の、暗い色合いだと思ってあまり期待していなかったんですが、咲いてみるととても良かったです。

 

ちなみに「ピオニー咲き」と言うそうですよ。「ピオニー」は芍薬のことだそうです。確かに、チューリップというよりは芍薬の花みたいですね。立てば芍薬、座れば……

2020.05.09 Saturday

チューリップ09、名前不明

2020050802160000.jpg

赤に白が混じった八重咲チューリップです。接骨院の駐車場に置いて育ててましたが、とても綺麗で、花のサイズも大きく、かなり目立っていました。評判も良かったです。しかし、このチューリップ、悲しいことに名前が不明なのです。先日、ブログに載せました「フォックストロット」や「オルカ」は、球根を購入したときに花の写真と名前が書いてあったのですが、このチューリップは、50球入りのまとめ売りされている比較的お安い球根だったんですね。ですから名前がわからない。

 

前述のとおり、安いまとめ売り球根だったので、あまり期待せずに育てていたら、意外や意外、お高い球根に負けず劣らず、大きくて素敵な花を咲かせました。ぜひぜひ名前を知りたいです。

2020.05.08 Friday

チューリップ08、オルカ

2020050802020000.jpg

オレンジ色の八重咲チューリップ、「オルカ」です。これもまた、チューリップですが、バラのような見事な花を咲かせました。今年、初めて植えてみた種類なのですが、咲いてみたら想像以上に良かったので来年もまた植えることにしました。ただ、球根4個植えて3本しか生えてこなかったんですよね〜。しかも1本は育ちが悪かった…これは育つのが難しい種類なのか、育て方が悪かったのか、また来年植えて確かめてみます。花自体はすごく素敵でした。

 

オレンジ色のチューリップというのは、ありそうでなかなか無いイメージなので、嬉しかったです。

2020.05.07 Thursday

チューリップ07、フォックストロット

2020050801410000.jpg

チューリップの記事が続きます。八重咲のチューリップ、「フォックストロット」です。まるでバラのような見事な花を咲かせます。

 

今までの写真は、「去年植えたチューリップの球根を堀り上げたら小さい球根がたくさん取れたので、再び植えて球根肥大できるかの実験」の写真でした。この実験のチューリップは、一重咲きの、いわゆるチューリップらしいチューリップです。

 

その実験のチューリップ以外に、たくさんの種類のチューリップを植えました。このフォックストロットもそのひとつです。つぼみが開いたときは白い花ですが、太陽に当たってピンクに色を変えるという花です。私はこのフォックストロットが一番好きです。思えば、八重咲のチューリップにはまったのも、このフォックストロットがきっかけでした。初めて買ったお高い球根でした(笑)お高いと言っても、数百円でしたけど…。

 

2020.05.06 Wednesday

チューリップ06、実験6

2020050801160000.jpg

様々なチューリップが咲いています。手前の四角と小さい丸の植木鉢のチューリップは、メインのプランターに球根を植えたときに、入りきらなくて余った球根を適当に植えたものです。いろいろな種類のチューリップが混ざっています。

 

奥の黒い大きい植木鉢は去年収穫した小さい球根を植えて球根の肥大化の実験をしています。にんにくの一片くらいの球根だったので、葉っぱだけ出れば良し、と思っていたところ、なんと花が咲きました。嬉しいです。小さすぎる球根は葉っぱだけ育っています。土の中で球根が大きくなっていることを期待しています。

2020.04.30 Thursday

チューリップ05、実験5

2020043003200000.jpg
世の中が新型コロナでめちゃくちゃになってしまいました。それでも花はきれいに咲いてくれました。

赤、黄色、紫、白が少し。近所のおばちゃんに誉めてもらえました。嬉しいです。この写真自体は4月13日のやつですけど。

2020.04.04 Saturday

チューリップ04、実験4

2020040613530000.jpg

葉っぱが益々育ってきました。なんと、1/3程の芽につぼみを発見しました。球根が小さいので、つぼみも小さいのですが、意外でした。すでに紫と赤い花が咲いていました。花も小さくて可愛いです。球根を効率よく肥大させるには、花が咲いたら摘み取ってしまう方がいいんですが、なかなか非情になれません。

 

天候が安定しませんが、それでも気温は暖かくなってきたので、ぐんぐん育っています。球根の肥大を祈りつつ水やりを続けます。

2020.04.03 Friday

チューリップ03、実験3

2020040610420000.jpg

「チューリップの小さい球根を再度植えて育成すれば大きくなるのか実験」の途中報告です。小さい球根は、にんにく一片程度の大きさばかりでしたので、200個近く植えて、その内のいくつか、それこそ数枚の葉っぱが出てくれば御の字と思っていました。

 

ところがですね、想像以上に発芽してくれまして、わっさわっさと成長しています。画像を見ていただければ解りますが、植木鉢から葉っぱがはみ出しています。チューリップたちが「狭いよ!」と言っているようです。今年は花は望めないと最初から思っているので、葉っぱだけでも育ってくれて嬉しいです。水はけの良い土を使っているので、水枯れに気を付けています。続きます。

Powered by
30days Album